一般質問要旨(05年9月議会)
2005/09/16

1、市長の政治姿勢 
過去3期12年の総括と、4期目出馬に当たり、やり残したこと、そして、抱負について。
高邁な「志」を持って、これからの柏市の素晴らしい絵を描いて欲しい、とエールを送る。
2、指定管理者制度について
ア、提案の時期 周知徹底のため市長選のマニフェストに入れれば良かった。
イ、市民、専門家の参画はあったのか
ウ、経費の削減効果の数値目標は
エ、直営化になるものがあるが、何故か、近隣センターについてはどうか
3、教育行政について
(1)教育基本法の改正について、教育長の見解は
(2)指導力不足教員の柏市の現状は
(3)教員免許更新制の導入について
(4)校長の民間人登用
(5)管理者の希望降任制度の実例は
(6)教員異動の公募制「指とま方式」について
(7)過激性教育の柏市の実情
(8)新中央図書館の建設予定
4、つくばエクスプレスと北部開発について
(1)TXの収支見込みは
(2)2駅周辺地域の整備状況
(3)公共用地の利用計画、柏北高校の跡地利用は
5、安心安全のまちづくりについて
(1)自主防災組織構築の絶好機では無いか
(2)防犯対策
(3)消費者行政
6、投票率アップの施策 駅前投票所の新設は
7、住居表示変更について 豊四季 篠籠田
※今回は質問事項が多すぎたため、答弁が途中になってしまった。答弁書は頂きました。

一般質問要旨(05年9月議会)
2005/09/16

1、市長の政治姿勢 
過去3期12年の総括と、4期目出馬に当たり、やり残したこと、そして、抱負について。
高邁な「志」を持って、これからの柏市の素晴らしい絵を描いて欲しい、とエールを送る。
2、指定管理者制度について
ア、提案の時期 周知徹底のため市長選のマニフェス  トに入れれば良かった。
イ、市民、専門家の参画はあったのか
ウ、経費の削減効果の数値目標は
エ、直営化になるものがあるが、何故か、近隣センターについてはどうか
3、教育行政について
(1)教育基本法の改正について、教育長の見解は
(2)指導力不足教員の柏市の現状は
(3)教員免許更新制の導入について
(4)校長の民間人登用
(5)管理者の希望降任制度の実例は
(6)教員異動の公募制「指とま方式」について
(7)過激性教育の柏市の実情
(8)新中央図書館の建設予定
4、つくばエクスプレスと北部開発について
(1)TXの収支見込みは
(2)2駅周辺地域の整備状況
(3)公共用地の利用計画、柏北高校の跡地利用は
5、安心安全のまちづくりについて
(1)自主防災組織構築の絶好機では無いか
(2)防犯対策
(3)消費者行政
6、投票率アップの施策 駅前投票所の新設は
7、住居表示変更について 豊四季 篠籠田
※今回は質問事項が多すぎたため、答弁が途中になってしまった。答弁書は頂きました。

16年第4回定例会議案
2004/12/10

 今議会に提出された主な議案について
1号議案 沼南町との合併に伴い、沼南支所を設置し、また、高柳出張所の新設と柏駅前行政サービスセンターを柏出張所に追加する条例改正
2号議案 沼南町との合併に伴い、事務局職員を205人、消防職員を72人等、計280人を増員し、改正前の定員数2590人から2870人に改正しようとする条例改正
3号議案 柏市福祉手当条例の改正。在宅重度障害や寝たきり身体障害者への給付を月額14500円を12500円に減額、それ以外の者は11600円を11000円に減額するも
4号議案 今話題のポイ捨て防止条例の改正。路上喫煙を全面禁止し、強化区域内の違反者には2000円の過料を徴収することになる。来春,4月1日施行。10月1日から過料の実施。
5号議案 大津川左岸、雨水幹線工事の請け負い契約。
6号議案 柏市清掃収集自動車の事故による示談締結及び損害賠償額の決定。
7〜15号議案 沼南町、天津小湊町の合併による種々規約改正関係。
16号議案 一般会計補正予算。総額を966億6600万円に補正するもの。
17号議案 国民健康保険特別会計補正予算。総額242億6370万円に補正するもの。
 
 

一般質問のダイジェスト


6月議会で久々に一般質問をした。質問項目は以下の通りである。
1、沼南町との合併と住民投票について
2、少子化対策、子育て支援
3、ゴミの分別、第二清掃工場
4、商店会支援について
5、ペイオフ対策について
6、特別教室の地域開放
7、ジェンダーフリー
8、大堀川リバーサイドパーク
9、地域問題について
《質問要旨》
1、あれほど望んでいた沼南町の町長や議員さんが、合併の賛否を問う住民投票の応援に回ったと言うが、その真意は、特例債の期限が切れるようならメリットが無くなるので、止めてはどうか。
2、出生率が1.29となり、少子化も危機的状況である。理由を考えたが、やはり経済的なものが第一なので、いっそ、柏市では全国に先駆け、出産費用の全額補助と第1、2子、5000円、3子以降10000円を3倍くらいにしてはどうか。
3、柏市の資源化率はトップと言うが、それでも、3割位であり、PCゴミなどはほとんどを産廃業者が他所で焼却処分をしている。焼却炉も進化し、有害物質も出ないのだから、分別を緩和し、PCやビニール、ペットボトルなどは燃やして熱カロリーを上げ、電力を起こし売電をすべきである。今や、ゴミの焼却炉は火力発電所と考えるべきである。
4、長引く不況と大店方の緩和、大店立地法の非力のため、市内の商店会が瀕死の状態である。その上、市も県も活性化事業の補助金をカットしているが、これまで地域を支え、柏市の発展と文化をサポートしてきた商店会の活性化事業まで
出来なくなってしまう。柏市の商業ビジョンは。
5、来春、ペイオフが完全解禁となり、普通預金も対象となるが、どうするつもりか。
6、この4月から実施されている、3校の特別教室の地域開放の取り組みと、内容、参加者数、参加ボランテアなどについて。
7、誤った男女共同参画社会基本法の解釈と、運動について柏市ではどのように捉えているか。男女混合名簿のメリットは。また、男らしさや女らしさの否定、過激な性教育に付いては如何か。
8、大堀川の桜並木の延伸計画と公園整備の予定は。また、大津川や手賀沼までを含めた桜並木の実現を目指すボランテアの会があるが、市民との協働と言う点からも素晴らしい事だと思う。市でも協力して欲しい。
9、豊四季駅北側周辺の下水道の整備は何時頃になるのか。
 また、駅前通りの歩道の整備、凸版印刷前の通りの歩道整備、NTT通りの拡幅、吉野沢〜高野台線の進捗状況は。

常磐新線特別委員会 (2003年5月30日(金)17時28分)


5月23日(金)1時半より常磐新線特別委員会が開かれ、久々に委員の顔を見る。委員の中で、吉川氏と坂巻氏が県議選に出馬したため自動的に辞任となり不在。そして、今議会限りで引退するという共産党の川崎委員長もいなくなると思うと、一抹の寂しさを覚える。
 今日は、新線車両の見学と操車場の視察という事で、守谷の車庫に行ってきた。私は、先月18日の新線車両の披露式典に参加しているので二度目である。
 そこで、今日はつくばエクスプレスの概要について記してみよう。平成17年秋に開通の決まった新線は、秋葉原―つくば間、58.3kmを、最速45分で走り、最高速度は時速130kmと言う。駅の総数は20駅で、各駅のデザインも近代的で斬新なものが多く、周囲の景観にマッチしている。柏には二駅が出来、「柏の葉キャンパス駅」と「柏たなか駅」と新名称も決まった。
 車両は、直流対応車両(秋葉原〜守谷)と、直流、交流両用車両(秋葉原〜つくば)との二種類がある。素材はアルミ合金で軽量化を図り、客室内は広く、明るく車椅子でも乗れるなど様々な工夫が凝らされている。
 最近の見直しで、総予算が1100億円安くなって、9400億円となり、沿線人口の増加見込みも九万人から二万人と減少した。初乗り運賃は180円、秋葉原―つくば間が1160円、初乗り運賃180円と最初に心配されたほど高くなく、JRと大差がないので一安心というところである。
 私の住む豊四季から東京へのアクセスは非常に良くなり、地域の活性化につながるものと期待される。

- Topics Board -